「西部地域奨励類産業目録」を改訂 4方向に重点

2021-01-28 13:24:05

国家発展改革委員会は26日、「西部地域奨励類産業目録(2020年版)」を発表した。西部地域の奨励類リストに入る企業は、企業所得税の税率が15%に引き下げられる。この改訂を経た新リストは2021年3月1日から施行される。新華社が伝えた。 西部地域の奨励類企業に対する企業所得税率を15%に引き下げるのは、西部大開発における重要政策の1つ。同目録はこの優遇政策が適用される産業の範囲を確定しており、企業が政策を適用されるかどうかを決定する重要な根拠となる。現行の目録は14年に公表・施行された。 西部地域の奨励類産業政策の適用範囲は、重慶市、四川省、貴州省、雲南省、西蔵(チベット)自治区、陝西省、甘粛省、青海省、寧夏回族自治区、新疆維吾爾(ウイグル)自治区(新疆生産建設兵団を含む)、内蒙古(内モンゴル)自治区、広西壮(チワン)族自治区の12省・自治区・直轄市で、全国の国土面積の70%以上を占める広い地域だ。同時に、吉林省延辺朝鮮族自治州、湖北省恩施土家(トゥチャ)族苗(ミャオ)族自治州、湖南省湘西土家族苗族自治州、江西省贛州市も西部地域にならって優遇政策が適用される。 改訂を経た20年版目録は、これまでの構造・枠組と主要な内容をほぼ存続し安定したものとなっている。改訂の変更点は主に次の4つの方向に重点的に現れている。(1)テクノロジーの自立自強をさらに支援する(2)産業の秩序ある西部への移転をさらに促進する(3)西部地域が特色と優位性をよりよく発揮するようさらに奨励する(4)西部地域が弱点を補強し、不足するところを強化するようさらに支援する――の4方向だ。(編集KS) 「人民網日本語版」2021年1月27日