中国初の太陽探査衛星、2022年に打ち上げへ

2021-01-27 13:26:26

中国科学院紫金山天文台によると、中国初の総合的太陽探査衛星「先進宇宙太陽天文台(ASO-S)」が2022年上半期に打ち上げられる計画だ。同衛星の打ち上げは、中国が太陽探査時代を迎えることを意味する。ASO-Sは軌道上を4年以上飛行する予定で、ライマンα線太陽望遠鏡、太陽全面マグネトグラフ、硬X線イメージャーという3台のペイロードを搭載する。(編集YF) 「人民網日本語版」2021年1月25日